アレッサンドロ


ブラジルで2部ながら30試合で25点をあげたと
いう実績を引っ下げ
エジミウソンに変わるストライカー
として注目されました。

残念ながら日本での活躍はいまひとつ。
ドリブルで突破するタイプではなく
ポジション取りと味方との連携で点をとる
スタイル。
ただ、
足元もおぼつかないし、
スピードもなし。
日本の厳しいプレスの前では、
なかなか前線での起点にもなれませんでした。

それでも、得点感覚にすぐれているのかアルビでも
チームトップの13得点。

実際、つねにゴールを狙う姿勢はさすがでした。

調子もしり上がりに良くなってきていたので
もう1年見てみたい気もしましたが、
残念ながら1年での移籍となりました。
結構海外では評価が高かったようです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。