ジャン・パトリック


レオ・シルバが抜けた後、
アルビの中盤にと加入し
かなりの期待を集めましたが、
リーグ戦の出場はなし。
カップ戦のみの出場となりました。

結局、リーグ戦には出場しないまま
6月に契約解除となってしまいました。

本人都合以外で6月に契約解除というのは
アルビにとっては異例。

完全にダメ外国人のレッテルを張られてしまいました。

即戦力と期待された助っ人外国人としては、
完全な期待外れに終わりました。

ただ、カップ戦では存在感を示していただけに
潜在的な期待は高かった選手でもありました。

試合に出ずに(出してもらえずに)
インスタグラムの更新に
熱心過ぎたため、
「あいつは観光にきたのか!」と揶揄する声も。

最後まで期待を裏切り続けた形となりました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。