タンキ


J1残留に苦しむアルビを救うべく
シーズン途中から加入したストライカー。

前線のストライカーで
当時の呂比須監督も知っている選手。

しかもザスパでJの経験もあるということで
期待は大きかったのですが、
結果を残すことはできませんでした。

相手DFに当たりまけない力強い
プレーは脅威を与えましたが、
疲れのせいかシュートを枠外に外すこともしばしば。

加えて運動量を求められる当時の呂比須アルビでは、
体力が90分持たないのはサポから見ても
分かりました。

最後は河田にスタメンを奪われてしまいました。

アルビ降格の危機を救うべく加入したという
意味では完全に失敗に終わってしまいました。

シーズン途中に加入した助っ人ブラジル人が
当たっていれば降格は免れたのかも
と思ってしまうと
返す返すも残念でした。

それでも、パワー、シュート力、と
ポテンシャルは高いと思いました。

シーズン当初からの加入で、コンディションも
万全であればまた違った結果になって
いたかもしれません。
もう1年見てみたい気もしましたが、
わずか半年での退団となりました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。