チアゴ・ガリャルド


レオ・シルバが抜けた中盤を
任された期待の助っ人外国人。

10番を背負わせたところをみても
クラブの期待は高かったはずですが、
なかなか日本のサッカーに順応することができませんでした。

のそのそ走り
素人目にもJの早いサッカーに
付いていけてないのは見て取れました。

それでも、
正確なロングパス
キープ力
シュート力
等、選手としての能力は高かったです。

アルビにマッチすれば大きな戦力になるはずでしたが、
なかなかチームになじめず
J2降格の大きな要因となってしまいました。

最後は練習中の不祥事で
シーズン中に
ほぼ追われる形でブラジルに帰ってしまいました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。