マルシオ・リシャルデス


エジミウソンに続き、
アルビが発掘した名選手と言っていいのではないでしょうか。

抜群のキープ力に
シュート力。

周りも良く見えていて素晴らしい選手でした。

ビデオをみていると
前線でフリーの選手を見逃さず
パスを出しているのが
よくわかります。

新潟ではなくてはならない存在となり
「新潟の王様」と評されたことも。

ケガや出場停止でマルシオが出れない試合で
なかなか勝つことができず、
”マルシオが居ないと勝てない新潟”
という不名誉な印象を全国に与えてしまいました。

新潟最後の年はフリーキックも
かなりの確率で決め
最高の助っ人でした。

ただ、浦和に移籍してからは
あまり活躍できず
チームによって
選手は生きることってあるんだなぁ
と再発見させてもらいました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。