反町康治監督


いわずと知れた新潟のヒーロー。

「J1昇格」
なんて口にしたら笑われてしまう時代に就任。

3年間でみごと新潟をJ1に導きました。

当時は補強と言えば、他のチームを戦力外に
なった選手ばかり、
チーム力としては決してJ2でも
上の方ではなかったはずなので
それだけに反町監督の手腕は高く評価されました。

「右手にロジック、左手にパッション」をモットーに
試合後の会見では常に強気の発言に加え
ユーモアもあり
会見がいつも楽しみでした。

監督業のみならず、
まだまだ発展途上のクラブに
いろいろとアドバイスもして
クラブも育てたと言っても過言ではありません。

ハーフタイム後、あるいは選手交代で
状況をがらりと変えてしまう手腕は
本当に面白かったです。

Wikipediaでの紹介はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。