吉永一明


なかなか調子の上がらない
片渕アルビの後を継いで
シーズン途中
10試合目から指揮。

アルビレックス
シンガポールでは
十分な実績を残し
クラブからの
厚い信頼を得ていましたが、
結果は付いてきませんでした。

ここまで
守備に重きを置いていた
チームから攻撃に
重心を移動。

リーグでも
トップクラスの
得点力を誇る
チームに変容させました。

シーズン終盤に近づくにつれ
安定した強さを
発揮。

惜しまれながらの
退任となりました。

穏やかな語り口の中にも
厳しさを感じる監督でも
ありました。

ぶっきらぼうな印象ながら
ときおり見せる
笑顔が人気を呼びました。

2017年~2018年の
アルビレックスシンガポールで
達成した
2シーズンに渡る全冠制覇は
今後、伝説となることでしょう。

最終節、
退団が決まっていた
ここまで出番のなかった
キーパー野澤を
ロスタイムで出場させる
温情派でもありました。

Wikipediaでの紹介はこちら

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。