吉田達磨


若手の育成や独自のサッカー理論で
高い評価を受ける監督ではありましたが、
新潟では、苦しいシーズンとなってしまいました。

結局最後は残り4試合を残しての解任。

成績は残せませんでした。

ただ、ある選手が話していたように
アルビのサッカーはがらりと変わりました。

アルビの監督をしていた時はまだ若かったので
理想とするサッカーと
プロサッカーチームとして結果を残すということの違い等
学んだことは大きかったのではないでしょうか。

監督としの力量としては、まだまだ未知な部分も
多かっただけに残念な解任劇となってしまいました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。