鈴木政一


J2降格に伴い、
アルビを立て直すべく
招聘した名将。

就任当初から、改革には時間がかかると
匂わせてはいましたが、
開幕から波に乗れないまま、
チームは低迷。

J3降格が現実味を帯び来てきた
19位という時点で
突然の解任となってしまいました。

Jリーグでも監督として
優勝経験もあり、
年代別代表監督も歴任。

Jリーグの年間最優秀監督にも
選出された名将ではありましたが、
新潟では結果は残せませんでした。

確かな理論で、評価される一方
成績最優先のクラブ、サポとの間で
評価は別れました。

時の強化部長、
木村氏は最後まで鈴木政一監督を
信頼していたようですが、
最後は中野社長の決断で
解任となったようです。

鈴木アルビの進化が見たかった
思いもありますが、
順位だけでなく、
失点が止まらなかったのも事実。
残念な結果となってしまいました。

Wikipediaでの紹介はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。