2021年のアルビレックス


アルベルト体制2年目の2021年シーズン。

千葉を始め、高、藤原、鈴木孝司ら
新加入メンバーが主力に定着。

開幕から13戦負けなしで、
”昇格1枠は、アルビで決まり。”
との声もささやかれるような
前半戦の快進撃をみせてくれました。

アルベルトのやり方が
定着し、チームの完成度も
上がったかに見えた前半戦でしたが、
対戦相手に研究され始めると
徐々に失速。

最終的には、
6位で終わる結果と
なってしまいました。

前半戦が良かっただけに
サポの落胆は大きく、
アルベルト監督の評価も
大きく別れました。

予定していたヘッドコーチが
来日できずに契約が解除になって
しまったのもマイナス要因でした。

長年、強力ブラジル人を要して
戦ってきたアルビでしたが、
今年はブラジル人なしの陣容。

外国籍選手はゴンサロ1人と
アルビとしては
初の試みの年となりました。

結果的には、個で打開できる
FWがいなかったことも
失速の要因となってしまいました。

その中でも
J3得点王の谷口、
高卒ルーキー三戸の活躍もあり、
補強という面での
チーム強化としては
高い評価を得ました。

首都圏でコロナ患者が
急増して、入場制限の影響も
ありましたが、
Jリーグ全体で
トップの入場者数を記録するという
快挙をなしとげました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。